概要 about this faculty

[創設経緯]

知のかけ算
―複眼的思考へのいざない

インターネットが張り巡らされている現代社会においては、それまでは関わりがないと考えられていた物事も、思いもよらないことがきっかけとなって、つながってしまう可能性があります。学問の世界も同じです。例えば、「外/内」など、物事を二分化する考え方にも変化が求められるようになりました。それまでは切り離されていた異なるものを融合させ、その化学反応から次世代を切り開く新しい知が生まれることが期待されているのです。

このような時代の変化に対応するため、琉球大学では、2018年度(平成30年度)から、法文学部の4専攻、そして観光産業科学部の2学科の組織を再編して「国際地域創造学部」とし、未来志向型の新たな教育カリキュラムをスタートさせる準備を進めています。

私たちの考える「未来志向型の教育」とは、地域性と国際性を合わせた複眼的思考によって、「地域振興」、「産業振興」、「文化振興」に貢献できる人材の育成をめざす教育です。そのカリキュラムの最大の特徴は、入学から専門教育(プログラム)に入るまでの期間(昼間主では3学期間、夜間主では2学期間)、「観光学」、「経営学」、「経済学」、「語学」、「地理学」、「歴史学」、「人類学」といった分野から横断的に学ぶことができるしくみになっているという点です。多様な専門分野は、これまで個別に発展してきました。しかし、これからの時代は、多様な専門分野の融合を図り、より幅広い視野から問題解決に取り組む能力が求められます。学問的知見にもとづく論理的思考と、それを応用できる実践力を培う「国際地域創造学部」の教育カリキュラムは、学生の視野を広げ、自律的な問題意識の形成を促し、問題解決力を向上させることを主眼としています。

また、専門教育課程でどの履修プログラムに進むかが決定した後でも、意欲があれば、異なる分野の専門知識に触れることも可能です。同じ学部の異なる専門知識を持つ学生との積極的な知的交流から、将来につながる人的ネットワークを築くこともできるでしょう。このように新学部では「知のかけ算」ができるよう、様々な工夫が構想されています。