地域資源をウェルネス資源として新たな価値を見出した商品企画を石垣市、石垣市観光協会、石垣市商工会、市内企業の協力を得て実践的におこなう「地方創生ウェルネス資源開発論」を、観光地域デザインプログラム荒川雅志教授が世話人となり実施します。
本科目はキャリア関係共通教育科目として開講されますが、国際地域創造学部学生を中心に全学部生が受講可能です。
受講希望者はh069475@tm.u-ryukyu.ac.jp(担当:荒川)まで直接お申し込みください。

■科目名
キャリア関係特別講義Ⅳ 共通教育等科目「地方創生ウェルネス資源開発論」(石垣ウェルネス地方創生インターンシップ論)
自由科目として2単位

■講義内容:
石垣の地域産業構造、政策、地域資源、ウェルネス、ウェルネスツーリズムとは、市内企業視察(1次産業)、市内企業視察(2次産業)、市内企業視察(3次産業)、グループディスカッション、企業連携商品開発グループワーク、成果発表会
*18日朝便で石垣入り、18日~21日石垣市内各所、21日(木)最終で那覇戻り
■費用の負担:石垣市往復旅費、3泊分宿泊費の全額補助あり

■担当教員:
安達宏(株式会社ウェルネスメディカル研究所代表取締役社長)
荒川雅志(国際地域創造学部 教授)
■授業日:2019年2月18日・19日・20日・21日(4日間集中講義)全日1~5限
■場所:石垣市(市内公共施設講義会場、市内1次産業、2次産業、3次産業現場、ほか)
■対象:全学部学生
■定員:15名

申し込み:h069475@tm.u-ryukyu.ac.jp
国際地域創造学部教授・荒川 まで
注意:①氏名②学籍番号③学部学科を記載のうえ、メールタイトルに地方創生ウェルネス資源開発論受講希望と必ず記すこと
*先着順