カリキュラム curriculum

Global Languages and Cultures

国際言語文化

Introduction

国際言語文化プログラムは、英米、ドイツ、フランス、スペイン語圏(南米)の言語、文学、文化を包括的かつ専門的に学びたい学生や、日本語や日本事情について学びたい外国人留学生のためのプログラムです。本プログラムの学生は、言語、文学、文化の専門的な授業や、ネイティブ・スピーカーの先生による授業、留学生との交流、そして英語圏やヨーロッパ(または南米)での研修などを通して、高度な外国語運用能力の獲得をめざします。英語には、昼間主コースのほか、社会人や働く学生も学ぶことができる夜間主コースもあります。また、本プログラムは、沖縄で唯一、ドイツ・フランス・スペイン語圏の言語、文学、文化について専門的に学ぶことができるプログラムでもあります。自分の選んだ言語の習得を通して、その文化や社会を深く知り、世界の人々と自由自在に対話する力を獲得できたら、それまで遠いと思っていた「世界」は案外あなたの身近にあることを実感できるでしょう。

活動状況

上:ハワイ語と沖縄のしまくとぅばの共通点。下2点:ハワイの伝統文化「レイ」の手作り体験

海外文化研修 in ハワイ

Aloha! Our students had the chance for many hands-on learning experiences in Hawaiʻi. Here you can see students making traditional Hawaiian leis and learning the Hawaiian language. They also had a chance to travel around the beautiful island of Oahu, learning about the culture and history of Hawaiʻi.


上・右下:協定校のあるフランス南西部トゥルーズ市内にて。左下:本場フランスチーズの多様性を味わう

ヨーロッパ文化研修(フランス)

国際言語文化プログラムでは、ドイツ語、フランス語、スペイン語言語圏への異文化実地研修を各言語とも2年に一度実施しています。ヨーロッパ言語を世界中から来た学生たちと楽しく学び、歴史薫る文化を肌で感じる研修です。

教員

英語系

ヨーロッパ言語系

教員からのメッセージ

■高良 宣孝 准教授(専門分野:コミュニケーション)
世界共通語としての地位を確立している英語。では、イギリス人とアメリカ人の話す英語は同じなのか。インドやシンガポールの人々の話す英語はイギリス・アメリカの人々の話す英語と比べて何が違うのか。私が担当する「英語の多様性と文化」では、様々な言語や文化の影響を受けている「世界各地で話されている英語」を「World Englishes」として捉え、それらの英語の発音・文法・語彙について考えていきます。

■酒井 アルベルト 清 准教授(専門分野:スペイン言語文化)
ヨーロッパに惹かれる理由はいろいろあるでしょう。洗練された街並み、高尚な文学作品、古くて興味深い歴史、多様な社会、などなど。あるいは、「食べ物がうまい」、「サッカーが強い」、「音楽がかっこいい」のような素朴なイメージから関心を抱く人もいるかもしれません。きっかけはともあれ、ヨーロッパの文化を知ることは、欧州地域を超えて国際社会全体の諸情勢や歴史的背景の理解にもつながります。そのためには、ドイツ語、フランス語、またはスペイン語という言語の習得はもちろんのこと、幅広い知見を養うことも大切です。我々教員は語学・文学・文化の側面から目一杯サポートしますが、この専攻に入る学生には自らアンテナを張って、積極的にさまざまな知識を吸収する姿勢で勉強に取り組んでいただきたいと思います。また、コミュニケーション能力を高める意味で、机上の座学にとどまることなく、キャンパスで留学生と会話を交わしてみたり、さらに短期の海外文化研修や長期留学も視野に入れることを強くお勧めします。そして大学生活の集大成である卒業論文では、自分にとって有意義だと感じたテーマを掘り下げて探求してください。きっと世界が広がることでしょう。

■西森 和広 教授(専門分野:フランス文学)
いきなりで申し訳ありませんが、この頃「老い」を感じます。寝つきの悪いせいか、文学研究という私の「見果てぬ夢」も薄れがちです。「私も三十歳という年齢を過ぎると、精神も肉体も、増すよりは減ったし、前進するよりは後退したと信じている」(モンテーニュ『エセー』)。「年月が過ぎた。彼は知性の無為と心情の無気力をかろうじて堪えている状態であった」(フローベール『感情教育』)。「ただ残念でならぬのは、この悟りの来ようが遅すぎてな、この償いをつけるために、魂の光明となるような書物を読む間のないことじゃ」(セルバンテス『ドン・キホーテ』)。しかし「何はともあれ、わたしたちの畑を耕さねばなりません」(ヴォルテール『カンディード』)。皆さんが、若いうちに知性の畑を耕されますことを、ご祈念いたします(引用はすべて岩波文庫版より。入学したら誰が誰なのか学んでください)。

学生の声

■金城 圭吾さん(英語文化専攻4年次[2017年現在])
(2018年度よりQAB琉球朝日放送に就職が内定)
私はアメリカのマイノリティ文学を勉強して、「真実」を明らかにするためには、多数派だけでなく少数派の「声」も拾うことが重要だと知り、それが 報道の仕事へと進むきっかけとなりました。しかし、文学を通して「批判的思考」や「想像力」を養うことは、就職活動を成功させるだけでなく、人生をより良い方向へ導いてくれると思っています。

■川畑 智華さん(法文学部ヨーロッパ文化専攻課程2015年3月卒業)
(株式会社ダイサン埼玉SC勤務)
ヨーロッパ文化専攻は、どの専攻よりも教授方との距離が近く、本人のやる気を全力でバックアップしてくれる場所です。提携校から多くの留学生がきているので、「生のスペイン語・フランス語・ドイツ語」と触れ合えます。さらに、自分が望めば、各言語の授業だけでは学べないような体験も可能です。私は在学中に「世界青年の船寄港地プログラム」や沖縄県がサポートする南米ペルーへのホームステイ事業に参加しました。とても充実した大学生活で、積極性とコミュニケーション能力を高めました。この能力を生かせると思い、現在の会社に入社し、営業職の花形を目指して日々取り組んでいます。ヨーロッパ文化専攻で、素敵な大学生活を過ごしてくださいね。

学生の主な就職先(法文学部 英語・ヨーロッパ文化専攻実績)

大学院進学
公務
官公庁公務員、県庁職員、市町村職員、航空管制官、中・高学校英語教員、警察官、外交官支援員、国家公務員
教育・学習支援業
沖縄科学技術大学院大学職員
情報通信業
沖縄タイムス、琉球新報、琉球放送、沖縄テクノス、講談社
金融・保険業
シティバンク、琉球銀行、沖縄銀行、沖縄海邦銀行、労働金庫、安藤証券、大同火災
専門サービス業
EY税理士法人
小売業
サンエー、イオン、りゅうせき
宿泊業
かりゆしホテルグループ、ヒルトン沖縄
運輸業
JTA、全日空、フィンランド航空
旅行業
JTB沖縄、沖縄ツーリスト、ジャンボツアーズ、ソラーレ・ホテルズ・アンド・リゾーツ
製造業
明治製菓、オリオンビール、ポンバドウル
流通業
I-Logistics
アパレル産業
CHANEL
飲食業
NRE日本レストランエンタプライズ
公益財団法人
沖縄県国際交流・人材育成財団
専門・技術サービス業
広告代理店
複合サービス事業
JA

教務連絡

「国際言語文化プログラム」昼間主コースの卒業要件

  1. 卒業単位は合計124単位以上とする。
  2. 共通教育科目は30単位とする。
  3. 専門科目は94単位以上とする。詳しい科目内容は近日公開。

「国際言語文化プログラム」夜間主コースの卒業要件

  1. 卒業単位は合計124単位以上とする。
  2. 共通教育科目は40単位とする。
  3. 専門科目は84単位以上とする。詳しい科目内容は近日公開。